第37期の北海道容器商業協同組合総会


薄い桜の花びらが随分眩しく見える3月上旬。今までが、真っ白い世界に閉じ込められていたので、春が本当に眩しく思える時期です。

先日でしたが札幌にて、北海道容器商業協同組合の第37期の総会が行われました。

容器(瓶)業界の今後の話、そして瓶に付随するP箱の問題。

一升瓶の問題は、瓶に付いているラベルが糊のものからシールタイプに代わり、

そのシールタイプのラベルが取れないと言う問題。

例え、剥がしてもシールの跡が瓶に付いてしまっているので、例えその上からラベルを張っても見栄えが良くないと言う事で廃棄される事があります。瓶自体には問題がないのですが、

見栄え(容姿)で廃棄されるのが現状です。

糊の跡の部分に新しいラベルを上手く貼れば問題ないのでしょうが、機械でラベルを貼る為、糊の跡にしっかり貼る事が出来ないと言う事で、廃棄されてしまいます。

一升箱(6本入れ)の問題は、お酒の瓶を移動する際に使われるのが正規の動き方ですが、

一般のお宅で、台にしたり、傘立てにしたり、入れ物として使われたりすることで、本来使えるはずのお酒の箱が少なくなっている問題です。

不要になったお酒の箱は弊社で引き取りますので、くれぐれもゴミステーション(有料)などには入れない様、お願いします。弊社では御持込み戴ければ無料で引き取ります。

〒078-8391

北海道旭川市宮前1条5丁目3854-1

電話番号:0166-31-8116

・空瓶回収(瓶ビール・ビール瓶・一升瓶)リユース瓶

・一升箱・ビール箱の回収

・ダンボール・古紙・雑誌・新聞等の回収、

・ジャム瓶・ヨーグルト瓶・はちみつ瓶・ハ―バリウム瓶

・ジュース瓶・山菜等を保存とする新瓶の販売

・プラスチック容器・ペットボトル容器の販売

・パウチ容器・紙製容器(お弁当箱)

・鉄等のスクラップ回収(アルミの本棚、アルミの机)

 壊れた自転車の無料引き取り(持ち込み大歓迎!)

・機密書類の処理

・消火器の引き取り(持ち込み)

容器の事なら陽気な米田容器まで。

そして、容器以外の事でも旭川の米田容器までどうぞ。

特集記事
最新記事